生活環境にまつわる音の話

音は環境の快適さを左右する

生活環境は、クォリティオブライフそのものに関わってくる事もある重要な要素なので、出来るだけ快適に過ごせる場所に住みたいものですが、それなら、家を買う事である程度は、自分の納得できる生活レベルにまで引き上げる事は出来るかも知れません。

それが、今すぐ出来れば苦労しませんが、中々そうもいかないので賃貸という事になりますが、ここで良く出てくる問題が音に関する事ではないでしょうか。

私も同じように音に関する問題があるのですが、これは、他の部屋の生活音ではなく、すぐ前に日中に行き交う車の多い通りに面しているという事もあり、車のエンジン音が良く聞こえます。

また、近くにスーパーがあるので、朝早くから搬入するトラックの音やカートを出したりする作業音も聞こえる事があります。

現代は、車社会なので仕方ない事かもしれませんが、立地により起こりうる音についてもちゃんと考えて場所を選ばなければ、生活の質が下がる事にもなり兼ねません。

では、こうした音の問題を回避すべく、色々と賃貸物件を探してみるのですが、中々立地まで含めて快適そうな部屋というものは見つかりません。

こればかりは、タイミングも関わってくる事もありますが、そもそも、賃貸として貸しに出されている物件なので、そこには、何かしらの事情があります。

まず、不動産会社などが投資物件として建てているものの中には、安い土地の区画を購入しそこに賃貸アパートや何棟か戸建て物件を建てる事がありますが、そこの土地が今まで空いていたという事が挙げられます。

つまり、それまで需要の無い土地に建てているので、何かしらの不便や不都合を了承しなくては、快適に生活できないかもしれません。

同じように、賃貸物件の検索サイトなどで閲覧できるようになっている物件は、退去した人の事情が人事異動などで期日のよるものもありますが、生活の質に関わり住み替えの為に退去となっているものも少なく有りません。

こういう事も考えると、快適性をとことん追求して賃貸物件を選ぶとなると、そこには、タイミングだけではなく運の要素も必要となってくるのではないかと思う位、中々ハードルの高いものにもなり得ます。