食の健康もやり過ぎるのは良くない?

シビアになり過ぎるのは精神的疲労

最近、特に感じるのは、健康への取り組み方。
例えば、毎日しっかり野菜中心の生活を心がけて、タンパク質は、大豆など植物性のものを極力多く食べるようにする。

腸内環境を整える為にヨーグルトや食物繊維、酵素も重要だと発酵食品などを心がけるという感じで生活する事が出来れば、健康に対するアプローチは十分だと思いますが、その反面、無理して生活していると疲れてしまいます。

体は健康でも欲求不満がたまるとね…。

かと言って、じゃあ、脳を刺激する食事ばかりだとしてもダメなこと。
特に、砂糖を使った加工食品は、身近にあふれまくっていますが、食べると気持ちもリフレッシュできるものが多くて、ついつい食べてしまいがち。

でも、それを続けていると体内で砂糖を分解する為に負担が大きく、活性酸素が増えて体を酸化させる原因となり老化を早めます。その上、血糖値も高くなり将来的な糖尿病も気をつけなくてはならない。

なんて事を色々と考えていると、上の上を目指して極端に取り組みすぎると、結局、反動も大きくなるので、なんとなくのんびり続けられる程度として、中の下くらいが気楽だなとも思えてきます。